「マメだね」

RAAKOとフードを組み合わせた、LINEスタンプをアクリル絵の具と色鉛筆を使用して制作中です。
こちらは、「RAAKOと枝豆」。
マメな人に「マメだね」スタンプを押して、クスッとしてもらえたらです(^-^)

発売は、6月中を目標!

 

海中散歩のRAAKO

海中散歩のRAAKOを描いてみました。
使用した画材は、アクリル絵の具、水彩絵の具、色鉛筆。
これらの画材は、細かいところを描くのに、いいですね。

まず、海を水彩絵の具で描きます。
沖縄の海をイメージしながら、色を作り、にじませます。
沖縄の海、好きなので、描きながら癒されました。

下絵をトレースします。

メインのキャラに下地(白)を塗ります。

アクリル絵の具で塗っていきます。細かい明暗は色鉛筆で。

完成!!
楽しい感じにしたかったので、キャラたちに動きを出すようにしました。

もうすぐ夏なので、Tシャツやエコバックなどのグッズを作ろうかな。

第3弾:スクラッチRAAKOでRAAKOを描く。

前回に引き続き、スクラッチでRAAKOを描きました。

こちらは下絵をパソコンでデザイン。レース風のスクラッチにします。

今回はブルーのマーメイド紙を使用することにしました。
アクリル絵の具の発色を良くするために、下にジェッソ(地塗り材)をひきます。

アクリル絵の具を適当に塗ります。
スクラッチの良いところは、適当にできるところ。この作業、楽しかったです♪
こんな柄のお洋服や雑貨など、良くないですか?

白をメインにして、パステルカラーと蛍光色を混ぜ合わせます。

スクラッチというと、上に塗る色は濃い色を想像するかもしれませんが、薄い色も素敵になりますよ。

ニードルで彫った状態。

RAAKOを塗ります。色を少し使いすぎたかな。。。。

完成!!

しばらくスクラッチにハマっていましたが、今はアクリル絵の具と色鉛筆で制作しています。そちらは次のブログにて。

 

ワイルドなRAAKO

画家さんが短時間でささっと「RAAKO」を描いてくれました!
使用した画材はクレパスです。
いつもとは違う、ちょっとワイルドな感じですね(^^)

花火のアニメーションをつけてみました!
インスタグラムか動画をダウンロードして、ご覧ください。

ワイルドで大胆なRAAKO

今、アニメーションに興味があるので、いろいろ試してみようと思います。

あと、RAAKOを描いてくださる方、募集中です!(笑)

第2弾:スクラッチでRAAKOを描く

前回に引き続き、スクラッチでRAAKOを描きました。
スクラッチ、ハマったかも♪
↓こちらはトレーシングペーパーに下書き。
今回は衣装を変えて、右上には相棒の雲のRAAKOを。(名前はまだ決まっていません・笑)
前回よりも星の種類を増やして、楽しさが広がるようなイメージで散りばめてみました。

細かいところ以外の色ぬり完了。
今回は、ピンクのRAAKOにしてみました。
影は暗い色を選びがちですが、濁らないように、コーラルピンクを使用。

今回の背景は、アクリル絵の具を使用することにしました。
ニードルで削った時に、アクリル絵の具は綺麗に色が出ます。
ラメやパステルなど、テンション上がりそうな色を選びました。

上からクレパスで塗ってしまうので、丁寧に塗らなくていいのですが、ドットを埋め込む感じで塗ってしまいました。これはこれでいいのかも。
白のところだけ、白のパステルで塗ってあります。

 

上から色を塗るクレパスの色を考えてみました。
真ん中がメインの色で、黒、青、紫、深緑、紅色を重ねてあります。
深みがあり、おしゃれな夜空色ができました。
左上は薄い紫、右上は薄い水色、左下は白、右下は薄いピンクをさらに重ねました。
こちらはメインの夜空のところどころに入れて、夜空のボワッとした空気を出したかったからです。その時、黒はメインよりも薄く塗ります。

少しもったいないですが、バランスを見ながら、背景にクレパスを塗っていきます。

背景を塗り終わった状態。微妙にアクリル絵の具が浮き出ているのも味があるかも。

いざ、スクラッチ!!

最後に細かいところや隙間などを色鉛筆で塗り、衣装の雲のところにアイメイクのラメをつけました。フィキサチーフでスプレーすれば、ラメやクレパスが落ちることを防げます。
なんだか、RAAKOが嬉しそう(笑)

完成!!

スクラッチでRAAKO

クレパスでスクラッチして、RAAKOを描きました。
スクラッチアートとは、
いろんな色のクレパスで画用紙を塗って、
その上を黒のクレパスで塗りつぶし、
竹串などで表面をひっかくと色とりどりの模様が現れるもの。

子どもの頃、学校の授業で体験したことがあるという方も
多いかと思います。
 
でも、私はやる機会がありませんでした。
なので、初スクラッチ!!

まずは、テスト的に試してみました。
グレーのマーメイド紙にパステルのクレパスで。
ニードルで削りましたが、ベースの色が綺麗に出ます。

次に紺のマーメイド紙で。
ベースは蛍光色のパステルを使用しましたが、落ち着いた仕上がりです。
紙の色が濃いか薄いかで、削った時に出てくる色の明度が変わります。

グレーと紺のマーメイド紙、どちらにしようか迷いましたが、RAAKOを描いた時に紺の方が仕上がりが良かったので、紺のマーメイド紙を使用することにしました。

背景に使用したクレパス↓↓

上から黒を塗り潰す前の状態↓↓
これはこれでいいのかも(^-^)
右上のRAAKOはテスト的に描いたものです。

黒で塗りつぶした状態↓↓
クレパスが慣れてきて、前回のRAAKOよりも明暗が上手く描けるようになりました。

これからスクラッチ!
この作業が一番楽しい♪

完成。

パステルでSAKAI RAAKOを描く

たまたまの流れで、パステルで「SAKAI RAAKO」を描きました。

最初は、夜空を描くつもりで紺のマーメイド紙を選んでみたのですが、パステルの薄い色を塗ってみたら、とても発色がきれい!!
「これは昼間の青空を描いた方がいいかも。青空のイメージといえば、酒井さんだ!」と思い、「SAKAI RAAKO」を描くことにしました。

途中段階。青空の色の塗りが薄いので、紺のマーメイド紙が透けて見えます。

イラストと背景の境目は紺のマーメイド紙が透けて見えるように意識して塗りました。パステルは紙の色によって、見え方が違うので面白いです。

今回、使用したパステルとパステル色鉛筆。

額に入れるだけで、イラストがより良く見えます。

頭で考えているよりも、手を動かしている方が次のアイデアが思い浮かぶので、いきづまった時こそ、アートをするようにしたほうがいいのかも。
今回も癒し効果ありの楽しいアート時間を過ごせました。

クレパスでRAAKOを描く。

クレパスでRAAKOを描くことに挑戦。

クレパスって、子どもが使用する画材のイメージで細かいところは描けないし、パステルのようにのびは良くないしで、あまり興味はありませんでした。
しかし、クレパスの画集を見ていたら、カッコよくて味のある絵や技法がたくさん紹介されていて、使用してみたいと思いました。

クレパスを普通に使用したら面白くないなと思い、まずはキャンパスにクレパスを塗る。大胆に塗るのって、楽しい!!

ペーパーを油絵で使用するテレピンに湿らせて、キャンパスをこすります。
ペーパーじゃなくて、筆でもOK。

水彩絵の具のように、クレパス同士が混ざり合って楽しい!!

楽しかったせいか、テレピンでこすり過ぎてしまい、モヤモヤな絵に。修復が難しいので、今回は上からクレパスでグイグイ重ねて塗ることにしました。

クレパスに慣れないせいか、RAAKOの明暗がうまくできませんでしたが、描いていて楽しかったです。画材と友達になるつもりで頑張ろう。しばらくはRAAKO+夜空の絵を描いてみようと思います。

 

パステルで三日月プリンRAAKO

久々にパステルで三日月プリンRAAKOを描きました。
パソコンではできない色合いにしようと思い、夜空は左側の濃い3色をメイン使用して、ところどころに右側の明るい3色も使用しています。
たくさん色を重ねることにより、グラフィックではつくれない深みのある夜空になります。

RAAKOの目と鼻はいろいろ試した結果、赤をベースにひいてから、黒を乗せることにしました。

隙間が空いたところは、色鉛筆でカバー。

三日月プリンRAAKOの周りに星をたくさん入れようと思い、大きさや形などを考えてみる。

星を置く位置を決める。

色を塗る。

完成!

たくさんの色を使用して楽しかった!
アートって、癒し効果がありますねぇ。
年配の方に聞くと、アンチエイジング効果もあるようです。

RAAKOのように優しいタッチの絵はパステルが合いますね。
しばらく、パステルやクレパスなどの画材を使って、RAAKOを描こうと思います。

 

お皿でRAAKOクッキーがグレードアップに♪

こちらは、トークライブでお出しした、RAAKOクッキー。
余ったので、参加者の方にお土産としてお渡ししました。
ボタニカルな素敵なお皿に置いて、写真を撮って送ってくれたのは、看護師の古屋麻美さんです。
1個は帰りのバスで食べ、もう1個はお気に入りのお皿に移してくれたそうです。
RAAKOクッキーを大事に扱ってくれて嬉しいですね(^-^)
素敵なお皿においてあげるだけで、RAAKOクッキーがグレードアップして見えます。
麻美さん、良い気づきをありがとうございました。

麻美さんに触発されて、ちょっと良い食器を購入してみました。
大倉陶園のデザート皿とティーカップです。

今回は大好物のマボンヌで。

今度、RAAKOクッキーを作った時は、大倉陶園の食器でいただこうと思います。
エレガントなデザインなので、上品な印象になるのかな?!