ワイルドなRAAKO

画家さんが短時間でささっと「RAAKO」を描いてくれました!
使用した画材はクレパスです。
いつもとは違う、ちょっとワイルドな感じですね(^^)

花火のアニメーションをつけてみました!
インスタグラムか動画をダウンロードして、ご覧ください。

ワイルドで大胆なRAAKO

今、アニメーションに興味があるので、いろいろ試してみようと思います。

あと、RAAKOを描いてくださる方、募集中です!(笑)

第2弾:スクラッチでRAAKOを描く

前回に引き続き、スクラッチでRAAKOを描きました。
スクラッチ、ハマったかも♪
↓こちらはトレーシングペーパーに下書き。
今回は衣装を変えて、右上には相棒の雲のRAAKOを。(名前はまだ決まっていません・笑)
前回よりも星の種類を増やして、楽しさが広がるようなイメージで散りばめてみました。

細かいところ以外の色ぬり完了。
今回は、ピンクのRAAKOにしてみました。
影は暗い色を選びがちですが、濁らないように、コーラルピンクを使用。

今回の背景は、アクリル絵の具を使用することにしました。
ニードルで削った時に、アクリル絵の具は綺麗に色が出ます。
ラメやパステルなど、テンション上がりそうな色を選びました。

上からクレパスで塗ってしまうので、丁寧に塗らなくていいのですが、ドットを埋め込む感じで塗ってしまいました。これはこれでいいのかも。
白のところだけ、白のパステルで塗ってあります。

 

上から色を塗るクレパスの色を考えてみました。
真ん中がメインの色で、黒、青、紫、深緑、紅色を重ねてあります。
深みがあり、おしゃれな夜空色ができました。
左上は薄い紫、右上は薄い水色、左下は白、右下は薄いピンクをさらに重ねました。
こちらはメインの夜空のところどころに入れて、夜空のボワッとした空気を出したかったからです。その時、黒はメインよりも薄く塗ります。

少しもったいないですが、バランスを見ながら、背景にクレパスを塗っていきます。

背景を塗り終わった状態。微妙にアクリル絵の具が浮き出ているのも味があるかも。

いざ、スクラッチ!!

最後に細かいところや隙間などを色鉛筆で塗り、衣装の雲のところにアイメイクのラメをつけました。フィキサチーフでスプレーすれば、ラメやクレパスが落ちることを防げます。
なんだか、RAAKOが嬉しそう(笑)

完成!!

スクラッチでRAAKO

クレパスでスクラッチして、RAAKOを描きました。
スクラッチアートとは、
いろんな色のクレパスで画用紙を塗って、
その上を黒のクレパスで塗りつぶし、
竹串などで表面をひっかくと色とりどりの模様が現れるもの。

子どもの頃、学校の授業で体験したことがあるという方も
多いかと思います。
 
でも、私はやる機会がありませんでした。
なので、初スクラッチ!!

まずは、テスト的に試してみました。
グレーのマーメイド紙にパステルのクレパスで。
ニードルで削りましたが、ベースの色が綺麗に出ます。

次に紺のマーメイド紙で。
ベースは蛍光色のパステルを使用しましたが、落ち着いた仕上がりです。
紙の色が濃いか薄いかで、削った時に出てくる色の明度が変わります。

グレーと紺のマーメイド紙、どちらにしようか迷いましたが、RAAKOを描いた時に紺の方が仕上がりが良かったので、紺のマーメイド紙を使用することにしました。

背景に使用したクレパス↓↓

上から黒を塗り潰す前の状態↓↓
これはこれでいいのかも(^-^)
右上のRAAKOはテスト的に描いたものです。

黒で塗りつぶした状態↓↓
クレパスが慣れてきて、前回のRAAKOよりも明暗が上手く描けるようになりました。

これからスクラッチ!
この作業が一番楽しい♪

完成。

パステルでSAKAI RAAKOを描く

たまたまの流れで、パステルで「SAKAI RAAKO」を描きました。

最初は、夜空を描くつもりで紺のマーメイド紙を選んでみたのですが、パステルの薄い色を塗ってみたら、とても発色がきれい!!
「これは昼間の青空を描いた方がいいかも。青空のイメージといえば、酒井さんだ!」と思い、「SAKAI RAAKO」を描くことにしました。

途中段階。青空の色の塗りが薄いので、紺のマーメイド紙が透けて見えます。

イラストと背景の境目は紺のマーメイド紙が透けて見えるように意識して塗りました。パステルは紙の色によって、見え方が違うので面白いです。

今回、使用したパステルとパステル色鉛筆。

額に入れるだけで、イラストがより良く見えます。

頭で考えているよりも、手を動かしている方が次のアイデアが思い浮かぶので、いきづまった時こそ、アートをするようにしたほうがいいのかも。
今回も癒し効果ありの楽しいアート時間を過ごせました。

クレパスでRAAKOを描く。

クレパスでRAAKOを描くことに挑戦。

クレパスって、子どもが使用する画材のイメージで細かいところは描けないし、パステルのようにのびは良くないしで、あまり興味はありませんでした。
しかし、クレパスの画集を見ていたら、カッコよくて味のある絵や技法がたくさん紹介されていて、使用してみたいと思いました。

クレパスを普通に使用したら面白くないなと思い、まずはキャンパスにクレパスを塗る。大胆に塗るのって、楽しい!!

ペーパーを油絵で使用するテレピンに湿らせて、キャンパスをこすります。
ペーパーじゃなくて、筆でもOK。

水彩絵の具のように、クレパス同士が混ざり合って楽しい!!

楽しかったせいか、テレピンでこすり過ぎてしまい、モヤモヤな絵に。修復が難しいので、今回は上からクレパスでグイグイ重ねて塗ることにしました。

クレパスに慣れないせいか、RAAKOの明暗がうまくできませんでしたが、描いていて楽しかったです。画材と友達になるつもりで頑張ろう。しばらくはRAAKO+夜空の絵を描いてみようと思います。

 

パステルで三日月プリンRAAKO

久々にパステルで三日月プリンRAAKOを描きました。
パソコンではできない色合いにしようと思い、夜空は左側の濃い3色をメイン使用して、ところどころに右側の明るい3色も使用しています。
たくさん色を重ねることにより、グラフィックではつくれない深みのある夜空になります。

RAAKOの目と鼻はいろいろ試した結果、赤をベースにひいてから、黒を乗せることにしました。

隙間が空いたところは、色鉛筆でカバー。

三日月プリンRAAKOの周りに星をたくさん入れようと思い、大きさや形などを考えてみる。

星を置く位置を決める。

色を塗る。

完成!

たくさんの色を使用して楽しかった!
アートって、癒し効果がありますねぇ。
年配の方に聞くと、アンチエイジング効果もあるようです。

RAAKOのように優しいタッチの絵はパステルが合いますね。
しばらく、パステルやクレパスなどの画材を使って、RAAKOを描こうと思います。

 

お皿でRAAKOクッキーがグレードアップに♪

こちらは、トークライブでお出しした、RAAKOクッキー。
余ったので、参加者の方にお土産としてお渡ししました。
ボタニカルな素敵なお皿に置いて、写真を撮って送ってくれたのは、看護師の古屋麻美さんです。
1個は帰りのバスで食べ、もう1個はお気に入りのお皿に移してくれたそうです。
RAAKOクッキーを大事に扱ってくれて嬉しいですね(^-^)
素敵なお皿においてあげるだけで、RAAKOクッキーがグレードアップして見えます。
麻美さん、良い気づきをありがとうございました。

麻美さんに触発されて、ちょっと良い食器を購入してみました。
大倉陶園のデザート皿とティーカップです。

今回は大好物のマボンヌで。

今度、RAAKOクッキーを作った時は、大倉陶園の食器でいただこうと思います。
エレガントなデザインなので、上品な印象になるのかな?!

補色を使用してRAAKOを描く

以前のブログで補色を使用して、みかんを描きました。
詳しくはこちら→http://jyoseiryoku.com/?p=1628

この画法を利用して、RAAKOを描いてみました。
昨年の春に描いたので、ちょうど気持ちの良い季節。
春、初夏を意識して、綺麗なパステル系でまとめてみることに(^-^)

主に使用した色鉛筆。
パステル系のピンク、黄色、緑、グレー。

プレゼントの包装紙は水色+補色のピンクを交互に重ね塗り。

プレゼントの包装紙の水玉は黄色+補色の紫を交互に重ね塗り。

プレゼントのリボンはピンク+補色の緑を交互に重ね塗り。

今回は「IROJITEN」という色鉛筆を使用しました。
パステル系の色が豊富な色鉛筆です。
他の色鉛筆に比べると油分が少なく色が薄いので、たくさん重ね塗りをしてもなかなか色が乗ってくれませんでした。
またこの画法を使用するときは、もう少し濃い色で挑戦してみようかなと思います。

アナログな画法はデジタルでは表現できないような奥深い温もりを出せます。
しばらくパソコンでの作業が多かったので、今年は、もう少しアートを頑張りたいと思いました。

リオRAAKO(能面)

Life Style Designerの実藤亮介さんの名刺を制作中です。

前回のブログでリオRAAKO(マイク)について、ご紹介しました。
http://jyoseiryoku.com/?p=1991

今回、リオRAAKOが持っている仮面は、お能で使う能面のイメージ。

正直、「何で能面なんだろう???」と思いましたが、実藤さんはプロレス観戦が好きだそうです。好きな女子プロレスラーの一人である、ASUKA選手が能面を持ってリンクに登場するそうで、それを描いてほしいとのことでした。

ASUKA選手のInstagramを見て、今のプロレスってビジュアルが華やかでビックリ!!

【参考動画url↓↓】普段、プロレスを見ない女性も、この動画には「おーーーー!カッコいいーーー!!!」と思ってしまいそう(^-^)

https://youtu.be/Hrsk-wwYHfI

https://youtu.be/Mw4mo4zLT-w

また、実藤さんの祖母(母方)は日本舞踊の先生だったそうで、「日本文化」や「風姿花伝」に惹かれるきっかけにもなったそうです。
祖父(父方)は、中華料理人。その影響でグルメを堪能することが好きだとか。

祖父母が大好きな実藤さんです。

RAAKOのイラスト制作を通して、その人が大事にしているものや思いを知れることも醍醐味ですね(^-^)

本のような名刺

作家の夏川賀央さんの名刺を制作させていただきました!
2つ折り名刺でデザインのテーマは「本」。
中面の左側のページは賀央さん著のビジネス書。
代表的なものや新しい本を入れました。
右側のページは、人文&古典現代語訳。

左側と右側のページの色を微妙に変え、現在と過去を表現しています。
賀央さんは執筆する上で現在と過去の本を多数読み、
栞のRAAKOは現在と過去を行ったり来たりで、賀央さんの執筆スタイル。

そして、ページ下にはビジネス書を持つRAAKO、龍馬になりたいRAAKOを。

賀央さんはRAAKOのイラストを気に入ってくれているので、たくさん入れさせていただきました(^-^)

名刺交換した時に、クスッとニヤけてしまいそうなゆるさ感。
早く、目の前で賀央さんが誰かと名刺交換している様子を見てみたいです。

表面は、洋書の表紙をイメージ。
賀央さんは、仕事柄、大先生と名刺交換する機会が多いので、シンプルにしました。
でも、よく見ると、飾り枠の端にRAAKOのシルエットがあります。

気づく人、いるかな?

こういったことも名刺交換する上で、コミュニケーションが弾んだらいいなと思いました。

賀央さん、名刺制作の依頼をしていただき、ありがとうございました!

賀央さんのブログで名刺の紹介をしてくださいました→http://gao-kai.com/index.php?eid=3283