季節外れのジャック・オ・ランタンのスコーン

少しハロウィンの季節先取りですが、
ジャック・オ・ランタンのスコーンを作りました!
おおっ!
自分で言うのも何ですが、かわいい(^0^)
癒されます♪

以前のブログでも紹介した、CUOCAさんのお菓子キットで作りましたので簡単です!
今回は、チョコペン(顔を描く)の湯煎に成功しましたので、あまりおどろおどろしくならなくて良かったです。

こちらは焼く前。我が子を見守るような気分でオーブンへ入れました(笑)

真夏なので、スイーツショップへ行くとひんやりデザートや色鮮やかなものに目がいってしまいますが、スイーツ業界ではクリスマスのことを考えていますね。

コージーコーナーでは、クリスマスケーキのデザイン(イラスト)を募集しており、
賞を取ると商品化。+ケーキのプレゼント!
「これはいい!」と思い、応募しようとしたのですが、応募対象が小学生まで。残念(^^;)
それにしても、小学生のデザイン、ユニークですごいですよ!

椅子カバー

前回の記事では、新卒のリクルート用イベントの横幕を紹介しましたが、
今回は椅子カバーです。

若者が対象ということで、薄くて爽やかなブルーと黄色のラインを入れてみました。
こちらも実際サイズで印刷して試すことはできなかったので、
想像しながら作成しましたが、
予想以上にきれいに仕上がって良かったです。
(クリックすると拡大します)

今のリクリートイベントでは、椅子カバーやタペストリーなどを使って、
学生の目を引くようにしている企業さんは多いようですね。

私がリクルート活動をしていた頃は、のぼりぐらいだったと思います。
時代の流れは変わりますね。
椅子カバーがズラッと並ぶと、これまた感動!!

アイティーデザイン株式会社の総務部部長の西山さん、
制作の依頼と写真を送っていただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

なお、椅子カバーや横幕の他に、旗、うちわ、のぼり、ポスターなどの
制作も受け付けております!
ご要望のある方はお気軽にお問い合わせください。

タペストリーをデザインしました!

しばらく、フードやアートの記事が続いていますが、
DTPの仕事もちゃんとしています(笑)

ITの技術開発会社であるアイティーデザイン株式会社様から、
小冊子やパンフレットの改訂版、社内報のバナー作成など、
お仕事をいただいています。

最近の新しい仕事は、
新卒のリクルートイベント用の横幕と椅子カバーを制作させていただきました。

制作物が大きいので、
印刷して試せないのが心配でしたが、
綺麗に仕上がって良かったです。
(クリックすると拡大します)

アイティーデザインのテーマカラーであるブルーと、
ITとネットワークをイメージできるような素材や波の飾り、
グローバル的に活躍できるような意味を込めて、
作成しました。

微力ですが、貢献できて良かったです。
良い人材が入ってきますように。

わかったさんのプリン

私が子どもの頃、好きだった本である、
わかったさんのお菓子シリーズ。

クッキー、シュークリーム、ドーナッツ、アップルパイ、
ホットケーキ、ショートケーキ、プリンなど全シリーズを読みました。

実家へ帰って、久々に本棚を探したところ、
唯一「わかったさんのプリン」は残っていました!

『わかったさんのプリン』は、
寺村照夫さん原作で、永尾郁子さんの絵による
「わかったさんのおかしシリーズ」の1冊。
あかね書房から全10巻が刊行されています。

http://www.akaneshobo.co.jp/search/library.php?isbn=L9784251901460

たくさん実家に本や絵本がありましたが、
いっぱい処分しちゃったので、1冊でも残っていて良かったです。

何で久々に「わかったさん」の本を手に取ってみようかと思ったのは、
スイーツを描く練習をしているので、ふと、昔好きだった本を思い出しました。

この本は、ファンタジーの中でお菓子作りの物語で、
イラストもたくさん。

子どもの頃、かわいくて夢のあるイラストと物語に惹かれて、
母に本を買ってもらったことを覚えています。

こちらは、牛乳の川↓↓

砂糖の滝。
大人になって見ても、ワクワクしてしまいます!

この本を読んだ後に、友達と会ったのですが、
「プリンの絵を描いて欲しいの!」と頼まれました。
おおっ!シンクロニシティ!!

イラストを描き始めたばかりなので、
好みの仕上がりになるかわからないと思いましたが、
友達は、「まいちゃんのことが大好きだから、まいちゃんの感性で描いてくれればいいよ」と。。。

まさか、こんな早い段階でお仕事として、
イラストを承るとは思わなかったので、嬉しかったです。

なので、今はプリンを描く練習をしています。

カフェで直接スイーツを模写することもあれば、
ケーキ屋で購入して、家で模写することもあります。

太らないように気をつけたいと思います(汗)

余裕ができたら、
自分が作ったスイーツを模写することにしよう。

RAAKOのにんじんソフトクリーム

ちょっと変わったソフトクリームを描いてみたいと思い、
にんじんソフトクリームを描きました。
最初に描いたのはこちら↓↓

見た目はにんじんですが、野菜嫌いの人でも食べられるように、
ソフトクリームはメロン味。耳のチョコレートはミルクチョコレート。
コーンはパンでオレンジ味。中にりんごの砂糖煮が入っています。

プロのイラストレーターの方に絵を見せて感想を聞いたところ、
「にんじんってもっと細くない?」と言われ、
左下にササっとにんじんを描いてくれました。

細長いにんじんもあれば、太くて短いにんじんもあり、
にんじんもいろんな形がありますが、
イラストレーターさんのアドバイスを聞いて、
もっとにんじんらしいソフトクリームに描き上げたのがこちら↓↓

こちらは見た目だけでなく、味もリアルに設定。
コーンは本物のにんじんを使用し、中身をくりぬいて、中はにんじんのジュレ。
ソフトクリームと耳のチョコレートは、にんじんの葉っぱ。

自己満ですが、
もし、このソフトクリームを食べている人が街中にたくさんいたら、
面白いし、嬉しいなぁと思ってしまいました(笑)

シングルアイスクリームのRAAKOちゃん

シングルアイスクリームのRAAKOちゃんを描いてみました(^-^)
スイーツのイラストって、きれいな色をたくさん使うので、
描いていて楽しいです(^-^)

最初は、イラストを描く上で色鉛筆で軽くラフ画を描いてから、
パソコンで仕上げていくつもりでした。

描いていくうちに、パソコンもいいけど、
デジタルでは表現できない、柔らかくて温もりを感じるような、
色鉛筆やパステルなどで描くこともいいなぁと思えてきました。

プロのイラストレーターさんが

「ちょっと高価な色鉛筆を使うと、モチベーションが上がるよ!
憧れのイラストレーターの方が自分が使っている色鉛筆と同じものを使って、
その使い心地を絶賛していたりすると、嬉しい気持ちになるよ。
一度に全部揃えるのが大変だったら、好きな色から揃え始めてもいいね」

と言っていました。

ならば、新しい色鉛筆を購入しよう!
でもその前に、
小学生の頃に母が買ってくれた、ドイツ製のSTAEDTLERがあったっけ!

お恥ずかしながら、全然使ってなかったので、新品同様(笑)

安い色鉛筆に比べて、芯が柔らかいので、発色が綺麗です!
色も上品な気が。
今のところ、水彩としてではなく、普通の色鉛筆として、使用しています。

スイーツは色の種類が多いので、
少しずつ他の色も増やしていきたいなぁと思っています。

ダブルアイスクリームのRAAKOちゃん

暑くなりましたね〜。
頑張ったご褒美として、アイスを食べたくなるこの頃です。
アイスクリームのお店を通りがかると、つい見てしまいますね。
ということで、ダブルアイスクリームのRAAKOちゃんを描いてみました。

上がダブルストロベリーチーズのアイス。
下がピーチとメロンのアイスです。
耳は上がビターチョコレート、下がミルクチョコレート。

最近は、会った人に自分の絵のフィードバックをしてもらうのですが、
下のRAAKOちゃんは、「ドクロみたい!」と言われてしまいました(笑)(笑)(笑)

言われなきゃ、気づかなかったです(^^;)

自分では、目のパッチリバージョンRAAKOちゃんを描いたつもりでしたので(^^;)

フィードバックをしてもらうと、画力アップの参考になるので、
引き続き、これからもフィードアップをしていただきたいと思います。

ご意見ある方、ぜひコメントしてください。

「ドクロ!」と感想を言ってくれた友達は、
アイスが好きなようなで、そのままアイス談義になりました♪

アイスは同じように見えても、乳成分の量によって、

⭐︎アイスクリーム(乳固形成分15.0%以上 うち乳脂肪成分8.0%以上)

⭐︎アイスミルク(乳固形成分10.0%以上 うち乳脂肪成分3.0%以上)

⭐︎ラクトアイス(乳固形成分3.0%以上)

⭐︎氷菓(上記以外のもの)

の4種類に分かれます。

上に行くほど、コクがあってお値段が高くなります。
人気であるハーゲンダッツはアイスクリームです。
これには納得ですね。

意外にもコクがあって、ボリュームのある
スーパーカップはラクトアイス。
乳成分が少ない代わりに糖分などが多いのかな?!

友達おすすめなのは、「MOW」
安いのに、アイスクリームなんです!
スーパーカップよりあっさりした口当たりなので、
意外でした。

コクのあるアイスクリームでも、砂糖などで甘くしている可能性はあるので、
成分表を見て判断しないとですね。。。

自分の好きな絵を描いて、人に見せて、
画力アップのための意見と好きな情報を得られる!

これって、素晴らしいことかも!と思ってしまいました。