小者感あるお侍RAAKO

作家の夏川賀央さんに「お侍バージョンのRAAKO」を描いてほしいと頼まれ、
描いてみました!

なんだか、すぐに負けそう、逃げて帰ってきそうな小者感がありますが、
コアラなら、許せますかね(笑)
いつか、強そうなマッチョ的なコアラも描いてみたいと思っています♪

いつも寝てばっかのコアラが果敢に動くのはギャップがあって面白く、
のんびりな性格なのに、立ち向かおうとする姿は描いていて、
愛おしく思いますね。

こんなコアラから『武士道』を教えてもらえたら、
肩の力を抜いて、勉強できそうだと思いました。

前に「武士道を会得する勉強会」に参加して勉強していた時期がありましたが、
参加者のほとんどが男性。
この勉強会はみんなで『武士道』を読んで、感想をシェアしあう会でしたが、
男性は時事問題と絡めながら意見を言い、
女性は武士道のエピソードに対して「感動しました、すごいと思いました、悲しいと思いました」という感情的な感想が多かったです。

同じ物を読んでも男性と女性では受け取り方や感じ方が違うんですね。

そして、熱い男性についてけなく、女性の参加のリピーター率は低い(苦笑)

私にとって古典は難しい、カタイというイメージがあります。

私がイラストを描くようになった理由の一つに
難しいことやカタイこともゆるキャラのようなイラストを使用して、
短く優しい言葉で伝えたいというのもあります。

子どもからお年寄りまで興味を持ってもらえるように、イラストで表現していきたいです。

ハロウィンこっこ

看護師の古屋麻美さんから、ハロウィンこっこ(チョコパンプキン味)をいただきました!(クリックすると、大きくなります)

「こっこ」と言えば、静岡の代表的なお菓子です。

子どもの頃から、「こっこ」のCMはよく流れていました。
なので身近過ぎたせいか、自分で購入して食べることはなく、
人からいただいた「こっこ」を食べていました。

昔は黄色の包装紙の箱の中に、
「ミルククリーム味のこっこ」というイメージでしたが、
今は抹茶やいちご、夏バナナなどもあります。

麻美さんからいただくまでは、
「ハロウィン限定こっこ」があるなんて、
知りませんでした。

懐かしい気持ちといつの間にか、
「こっこ」は進化していたのだな〜〜と、しみじみ。。。

そして、キャラ好きには嬉しい!オリジナルシール付きです!
カボチャこっこ、抹茶こっこ、夏バナナこっこなど、
どれもかわいいですね♪

イラストの参考になります(^-^)

こっこのプロフィールも面白い!→http://www.cocco-cocco.jp/character/index.html

しっとりふわふわで、ほどよい濃厚さの「こっこ」。
味も見た目も大満足でした!

麻美さん、いつも愛情のこもったお土産をありがとうございます!

SAKAI・RAAKO

ただいま、『のび太でも売れます。』の著者、酒井晃士さんの「SAKAI・RAAKO」を制作中です。

RAAKOを描き始めた頃、コアラを擬人化させて人の似顔絵を描くことになるとは、
思ってもみませんでした。

先日のブログでも紹介しましたが、たまたま『ガオRAAKO』が誕生したことにより、
興味を持ってくれた人が現れたんですね。

そのうちの一人が酒井さんです。

最初は酒井さんの笑顔と爽やかさを入れた、「RAAKO」を描きました。
でも、ちょっと似てないですよね。。。

そんな時にLife Style Designerの実藤さんからも「RAAKOを描いてほしい」と連絡があり、実藤さんもメガネをかけている。

今後、このような依頼が増えることを考えると、
「その人の特徴を出したほうがいい」と思い、
少し酒井さんの表情を意識して描いたのがこちら↓

8月がお誕生日の酒井さん。
ひまわりを入れてみました↓↓
元気な酒井さんにピッタリかな♪

本物の酒井さん↓↓

酒井さんは、丸顔じゃないので、
ちょっとリアルなSAKAI・RAAKOも描いてみました。

↑数人に聞いてみたのですが、
「似ている」
「丸い顔の方がかわいいし、バランスが取れていていい。リアルは作らなくてもいいのでは」
「ちゃんとスーツ着ているのに、顔だけ突飛な感じがする。前髪とか描いてみたら?」
と言う方もいました。

みさなんの感想、とても参考になります。

酒井さんと相談しながら制作していきますが、
「こうしたらいいんじゃないか」というご意見がありましたら、
よろしくお願いします!

実藤さんと名刺の打ち合わせ

Life Style Designerの実藤亮介さんから名刺制作の依頼をいただき、
渋谷のDouble Tall Cafe SHIBUYAで打ち合わせをしました。

実藤さんもRAAKOのことを気に入ってくださり、
実藤さんバージョンのRAAKOを制作することになりました(^-^)

意外にも男性から注目されているRAAKO。
しかも、みんなメガネをかけています(笑)
似たような感じになってしまう可能性があるので、
その人の特徴的なものを大胆に入れようかと思います。

実藤さんの特徴といいましたら、
帽子やストールなどのおしゃれなアイテムやファッション。
iPadやマイク、カメラなどの動画機器でしょうか。

打ち合わせは近況報告や本の話をしたり、
スイーツを食べたりとゆるい雰囲気。

頼んだ、ベイクドチーズケーキにかわいい生クリームがちょこん♪

店員さんにRAAKOのイラストを描いて渡したら、
RAAKOラテを作ってくれました!

『かわいい!!』

テンション上がっちゃいますね(^-^)
こういうサービスはとても嬉しい!!

しかも、崩れにくくてクオリティが高いです。
飲むのがもったいなかったですね。

実藤さんは、オーストラリアに思い入れが深いようです。
それもあって、実藤RAAKOを作ってほしいそうなんですね。

最初は自由が丘のオーストラリアのプリザーブドフラワーのお店で打ち合わせをする予定でしたが、定休日でしたので渋谷のカフェに変更になりました。

RAAKOのことを意識して、
打ち合わせの場所を決めてもらったことはなかったので、
こういう配慮は嬉しいですね。

実藤さん、ありがとうございました!

名刺制作頑張りますので、少々お待ちください。

作家の夏川賀央さんの記事でも紹介してくれました→http://gao-kai.com/index.php?eid=3264

ハロウィン模様の伊豆箱根鉄道

ただいま、伊豆箱根鉄道はハロウィン模様だそうです!
(写真をクリックすると拡大します)
伊豆方面へ行く方、乗ってみてはいかがでしょうか。

天井↓↓


こんな可愛いハロウィン電車に乗ったら、
愉快な気分になりそう♪

電車の窓に素敵な切り絵のようなイラスト↓

↓三島駅のホームの待合室。
三島のキャラクター、みしまるくんとみしまるこちゃん。

↑こちらの写真(全部)は母が送ってくれました。
母にもRAAKOやイラストのことを話すのですが、
私が参考になりそうなものを見つけた時は写メしてくれます。
挑戦してみたいこと、言ってみるもんですね(^-^)

伊豆箱根鉄道は祖母や友達の家に行くのに利用したり、
ワイン電車イベントに参加したり、大学生の頃はインターンシップでも
お世話になりました。
なので、思い入れのある電車ですね。

↑6年前に参加した、伊豆箱根鉄道のワイン電車。
ソムリエさんが考えた、中伊豆ワイナリーのワインとお料理の組み合わせは、
美味しくて、近くにいた方とも自然と会話が弾みました(^-^)

伊豆箱根鉄道はお客さんに喜んでもらえるような取り組みを
たくさんしている会社ですね。

 

ダークなガオRAAKO

ダークなガオRAAKOを作成してみました。
モデルは作家の夏川賀央さん。
似ていますか?♪

賀央さんと仕事をしているので、ダークな面もよく知っています(笑)
賀央さんは特徴があるので、描きやすい。
極端に面白く描けるので、楽しいですね♪
ダークバージョンがポンポン浮かびます(笑)

ゆるキャラならば、ダークさも嫌味に感じにくいので、お許しを!

賀央さんのブログでも紹介していただきました→http://gao-kai.com/index.php?eid=3261