タペストリーをデザインしました!

しばらく、フードやアートの記事が続いていますが、
DTPの仕事もちゃんとしています(笑)

ITの技術開発会社であるアイティーデザイン株式会社様から、
小冊子やパンフレットの改訂版、社内報のバナー作成など、
お仕事をいただいています。

最近の新しい仕事は、
新卒のリクルートイベント用の横幕と椅子カバーを制作させていただきました。

制作物が大きいので、
印刷して試せないのが心配でしたが、
綺麗に仕上がって良かったです。
(クリックすると拡大します)

アイティーデザインのテーマカラーであるブルーと、
ITとネットワークをイメージできるような素材や波の飾り、
グローバル的に活躍できるような意味を込めて、
作成しました。

微力ですが、貢献できて良かったです。
良い人材が入ってきますように。

わかったさんのプリン

私が子どもの頃、好きだった本である、
わかったさんのお菓子シリーズ。

クッキー、シュークリーム、ドーナッツ、アップルパイ、
ホットケーキ、ショートケーキ、プリンなど全シリーズを読みました。

実家へ帰って、久々に本棚を探したところ、
唯一「わかったさんのプリン」は残っていました!

『わかったさんのプリン』は、
寺村照夫さん原作で、永尾郁子さんの絵による
「わかったさんのおかしシリーズ」の1冊。
あかね書房から全10巻が刊行されています。

http://www.akaneshobo.co.jp/search/library.php?isbn=L9784251901460

たくさん実家に本や絵本がありましたが、
いっぱい処分しちゃったので、1冊でも残っていて良かったです。

何で久々に「わかったさん」の本を手に取ってみようかと思ったのは、
スイーツを描く練習をしているので、ふと、昔好きだった本を思い出しました。

この本は、ファンタジーの中でお菓子作りの物語で、
イラストもたくさん。

子どもの頃、かわいくて夢のあるイラストと物語に惹かれて、
母に本を買ってもらったことを覚えています。

こちらは、牛乳の川↓↓

砂糖の滝。
大人になって見ても、ワクワクしてしまいます!

この本を読んだ後に、友達と会ったのですが、
「プリンの絵を描いて欲しいの!」と頼まれました。
おおっ!シンクロニシティ!!

イラストを描き始めたばかりなので、
好みの仕上がりになるかわからないと思いましたが、
友達は、「まいちゃんのことが大好きだから、まいちゃんの感性で描いてくれればいいよ」と。。。

まさか、こんな早い段階でお仕事として、
イラストを承るとは思わなかったので、嬉しかったです。

なので、今はプリンを描く練習をしています。

カフェで直接スイーツを模写することもあれば、
ケーキ屋で購入して、家で模写することもあります。

太らないように気をつけたいと思います(汗)

余裕ができたら、
自分が作ったスイーツを模写することにしよう。

RAAKOのにんじんソフトクリーム

ちょっと変わったソフトクリームを描いてみたいと思い、
にんじんソフトクリームを描きました。
最初に描いたのはこちら↓↓

見た目はにんじんですが、野菜嫌いの人でも食べられるように、
ソフトクリームはメロン味。耳のチョコレートはミルクチョコレート。
コーンはパンでオレンジ味。中にりんごの砂糖煮が入っています。

プロのイラストレーターの方に絵を見せて感想を聞いたところ、
「にんじんってもっと細くない?」と言われ、
左下にササっとにんじんを描いてくれました。

細長いにんじんもあれば、太くて短いにんじんもあり、
にんじんもいろんな形がありますが、
イラストレーターさんのアドバイスを聞いて、
もっとにんじんらしいソフトクリームに描き上げたのがこちら↓↓

こちらは見た目だけでなく、味もリアルに設定。
コーンは本物のにんじんを使用し、中身をくりぬいて、中はにんじんのジュレ。
ソフトクリームと耳のチョコレートは、にんじんの葉っぱ。

自己満ですが、
もし、このソフトクリームを食べている人が街中にたくさんいたら、
面白いし、嬉しいなぁと思ってしまいました(笑)

シングルアイスクリームのRAAKOちゃん

シングルアイスクリームのRAAKOちゃんを描いてみました(^-^)
スイーツのイラストって、きれいな色をたくさん使うので、
描いていて楽しいです(^-^)

最初は、イラストを描く上で色鉛筆で軽くラフ画を描いてから、
パソコンで仕上げていくつもりでした。

描いていくうちに、パソコンもいいけど、
デジタルでは表現できない、柔らかくて温もりを感じるような、
色鉛筆やパステルなどで描くこともいいなぁと思えてきました。

プロのイラストレーターさんが

「ちょっと高価な色鉛筆を使うと、モチベーションが上がるよ!
憧れのイラストレーターの方が自分が使っている色鉛筆と同じものを使って、
その使い心地を絶賛していたりすると、嬉しい気持ちになるよ。
一度に全部揃えるのが大変だったら、好きな色から揃え始めてもいいね」

と言っていました。

ならば、新しい色鉛筆を購入しよう!
でもその前に、
小学生の頃に母が買ってくれた、ドイツ製のSTAEDTLERがあったっけ!

お恥ずかしながら、全然使ってなかったので、新品同様(笑)

安い色鉛筆に比べて、芯が柔らかいので、発色が綺麗です!
色も上品な気が。
今のところ、水彩としてではなく、普通の色鉛筆として、使用しています。

スイーツは色の種類が多いので、
少しずつ他の色も増やしていきたいなぁと思っています。

ダブルアイスクリームのRAAKOちゃん

暑くなりましたね〜。
頑張ったご褒美として、アイスを食べたくなるこの頃です。
アイスクリームのお店を通りがかると、つい見てしまいますね。
ということで、ダブルアイスクリームのRAAKOちゃんを描いてみました。

上がダブルストロベリーチーズのアイス。
下がピーチとメロンのアイスです。
耳は上がビターチョコレート、下がミルクチョコレート。

最近は、会った人に自分の絵のフィードバックをしてもらうのですが、
下のRAAKOちゃんは、「ドクロみたい!」と言われてしまいました(笑)(笑)(笑)

言われなきゃ、気づかなかったです(^^;)

自分では、目のパッチリバージョンRAAKOちゃんを描いたつもりでしたので(^^;)

フィードバックをしてもらうと、画力アップの参考になるので、
引き続き、これからもフィードアップをしていただきたいと思います。

ご意見ある方、ぜひコメントしてください。

「ドクロ!」と感想を言ってくれた友達は、
アイスが好きなようなで、そのままアイス談義になりました♪

アイスは同じように見えても、乳成分の量によって、

⭐︎アイスクリーム(乳固形成分15.0%以上 うち乳脂肪成分8.0%以上)

⭐︎アイスミルク(乳固形成分10.0%以上 うち乳脂肪成分3.0%以上)

⭐︎ラクトアイス(乳固形成分3.0%以上)

⭐︎氷菓(上記以外のもの)

の4種類に分かれます。

上に行くほど、コクがあってお値段が高くなります。
人気であるハーゲンダッツはアイスクリームです。
これには納得ですね。

意外にもコクがあって、ボリュームのある
スーパーカップはラクトアイス。
乳成分が少ない代わりに糖分などが多いのかな?!

友達おすすめなのは、「MOW」
安いのに、アイスクリームなんです!
スーパーカップよりあっさりした口当たりなので、
意外でした。

コクのあるアイスクリームでも、砂糖などで甘くしている可能性はあるので、
成分表を見て判断しないとですね。。。

自分の好きな絵を描いて、人に見せて、
画力アップのための意見と好きな情報を得られる!

これって、素晴らしいことかも!と思ってしまいました。

たまらんちゃんの原画展で感動する!

つぼいじゅりさん作の絵本。「たまらんちゃん」の原画展を
見に行ってきました。
たまたま、前日にこちらのイベントを知り、
イラストと物語に興味を持ちました。
(クリックすると拡大する写真あり)

場所は、高円寺にある絵本カフェ「Mucchi’s Cafe’」
いろんな絵本がたくさんありました。
いるだけで楽しく癒されるカフェ。
こちらのカフェは、定期的にいろんな絵本作家さんを招いて、
イベントを開催しています。

イベント中は通常メニュー+絵本のイメージで作られた、
お料理やデザートなども食べられます。
実は、こちらも目当てでありました。
頼んだのは、たまらんちゃんのオムカレー。
可愛いですね。微笑ましくなります。
カレーはホワイトソースを使っているため、
通常のカレーのルーより、色は薄いですが、
美味しかったです♪

お店にたまらんちゃんの原画がたくさん飾られていました。

絵本の表紙と裏表紙の裏にある、たまらんちゃんのイラストの原画。
盛りだくさんです。
最近の絵本は、表紙と裏表紙の裏にも力を入れているようで、
たくさんのイラストや着せ替えがあるものも。

じゅりさんは、絵本の原画を描くにあたり、
ご自分でケーキを作って、途中過程を写真で撮り、
それを見ながら、描いたそうです。

こちらはラフです。

こちらは、じゅりさん作。

じゅりさん、女子力高すぎですね!
たまらんちゃんのイラストを添えた、ケーキのレシピもありました。
手前のフェルトで作られた、たまらんちゃんは手芸が得意な
友達にお願いしたそうです。

たまらんちゃんは、2週間ぐらいのイベント期間でしたが、
私が絵本カフェへ行った時、じゅりさんがいて良かったです。
⇩サインとたまらんちゃんのイラスト付きです!
48種類もある中から、私はケーキを選びました。
こういうサインって、はじめてだったので、
嬉しかったですね。

びっくりなんですが、じゅりさんは男性でした。

じゅりさんの絵本は、物語もイラストも素晴らしいのですが、
さらにそこで終わらずに、
キャラを料理にしたり、グッズや塗り絵にもしています。

すると絵本を読み終わってから、
大人も子どももより楽しめることができます。

1つの作品を描くだけでなく
その先にどれだけ皆を楽しませるかも考えて仕事をする。

そんなふうに自分の仕事も発信、表現できればいいですね。

フード、アート、グローバルはすごいことじゃなくて、
身近なところから誰でも興味を持ってもらえるようなことを考えており、
じゅりさんの仕事に対する姿勢を参考にさせていただきたいと思いました。

じゅりさんの絵本に対する思い。

じゅりさん、親切にいろいろ教えていただき、
ありがとうございました。

創造性を全開にするお絵描き会

阿希美さんの美味しいカレーを食べた後は、
創造性を全開にするお絵描き会。
(クリックすると拡大する写真あり)

まずは、シンギングボウルの音色とお線香を焚いていただき、
心を整えるとこから。

カレーを作るときにも、シンキングボウルを鳴らすそうですよ。
これも美味しいカレーができる秘訣かもしれません。
それにしても、シンキングボウルの音色にとても癒されました〜!
本物が欲しいけど、ユーチューブでもシンキングボウルの音色は楽しめるので、
制作業をしている時は聴くこともあります。

家から持ってきた画材を使って。
テーブルいっぱいに画材を広げるのは、気持ちが良いです♪
なんか絵になる写真ですね。
こちら阿希美さん撮影。

創造性を全開にするお絵描き会は、絵の技術を磨くのではなく、
感性を磨くお絵描き会です。
本日のお題は、「ジュワッ」
何それ?というテーマですよね(笑)

阿希美さんから、「ジュワッ」とするものを創造してくださいと言われたので、
母から送られてきた、「駿河エレガント」という柑橘系の果物を想像しました。
綺麗なオレンジ色で、程よい酸味と甘みでとっても美味しくて、
癒され、疲れもぶっ飛んでしまいました。母からの愛情を感じた駿河エレガント。
その駿河エレガントを想像して、色を作り、丸を描きます。
描きの手順↓

次に阿希美さんから、
「駿河エレガント」はどんなお皿にのってていますか?と質問されたので、
ブルーの綺麗なガラスのお皿を想像して描きました。

「駿河エレガント」はどんな色のテーブルクロスにのっていますか?と質問されたので、淡い紫陽花でいろんな色が混じったテーブルクロスを想像しました。

「駿河エレガント」はどんな部屋にありますか?と質問されたので、
5月の木漏れ日が差す、明るいお部屋を想像したので、ベージュの壁を描きました。

出来上がりはこちら↓↓
絵のレベルとしては、幼稚園児でも描けてしまいそうですが、
感性を磨くお絵描き会なので、上手く描こう!という余計な神経を使わずに、
リラックスした状態で描きます。


こちらは母が送ってくれた駿河エレガント。
リンゴの後ろにあるものです。
たくさんの果物、テンション上がります♪

お次のお題は「どんな風になりたい(夢)」

私の願望を色で乗せてみました♪
ワクワクすることをイメージしながら、色を作り、重ねていくことは、
とても楽しいです。

阿希美さん曰く、
イメージしたことは絵にすることができる。
絵にすることができたら、実現できるそうです!

なので、私の部屋は願望の絵がたくさん貼ってあります♪

これまでの私は、プライベートや仕事で夢を文章にすることが多かったですし、
書くと頭の中が整理されましたが、
案外と絵を描くことも同じような効果があります。
いや、文章以上にリアルかもしれません。

こちらは阿希美さん作の「ジュワッ」
ジュワッと連想する色をのせて、
ストロベリーの写真を配置して、できあがり。
サイダーの中で、ストロベリーが踊っています♪
そんなに技術がなくても、アートは簡単にできるのです。

こちらも阿希美さん作。(途中)
某フリーペーパーの肉と卵焼き。
いっぱい肉があると、肉に見えない!アートですね!

ちょうど、こういうことをやりたいと思っているところで、
コラージュ技法講座の申し込みもしてありました。
最近、欲しい情報やご縁をどんどん引き寄せているような気がします。

帰宅してから、家にあった某フリーペーパーでフードコラージュとスイートコラージュを作成しました。

こちらのテーマは「朝から元気&Happyな気分になるBreakfast」

「甘いスイーツでHappy」
いろんなイベントのスイーツが盛りだくさんなので、
今度はテーマをしぼろうと思います。

創造性を全開にするお絵描き会は、感性を磨く会ですが、感性を磨くことによって、
技術も磨かれるのではと思います。

東京おっこい堂は都内の某駅から徒歩数分という、好アクセス!
便利なのに、静かなところにあります。
お昼から夕方までお邪魔させていただきましたが、鳥のさえずりしか聞こえませんでした。

お寺のような雰囲気があり、
癒し系の阿希美さんがどんな絵でも「いいですね。いいですね」と、
優しく承認してくれます。

大人になって、「絵が嫌いになってしまった!」という方も、
子どもの頃、「絵を描くことが楽しい!」という気持ちを思い出させてくれるでしょう。

東京おっこい堂〜本堂でカレーを食べる

東京おっこい堂の宮澤阿希美(カレー料理人であり画家)さんにお声がけいただき、
【創造性を全開にするお絵描き会】に参加しました。
あきみさんは、私がモデリングしたいと思っている女性の一人です♡

お絵描き会の前に美味しいカレーをご馳走してくださいました(^-^)
ずっと前から、カレーを食べてみたかったので、楽しみであり、嬉しかったです♪
カレーを作っている阿希美さんです↓

人参とネギがたっぷりのカレーです!!
人参の葉っぱも入っていますよ〜!

できたてほやほやのカレー。
トマトもたっぷり入っています。

阿希美さんのカレーは、野菜がたっぷり入っているので、
デトックス効果があって美容にいい。

阿希美さんいわく、カレーを作る、食べる行為は、「痩せる」そうです。

カレーを作る・食べる習慣をつけたい!
と自然と思ってしまいました!

ジャガイモのサラダ。
こちらもできたてを出していただき、特製ソースをつけて
食べましたが、美味しかったです(^-^)
新鮮野菜で愛情いっぱい♪

食器のデザインや色味に深みがあって素敵でしたー!
そして、大きなテーブルと椅子。
座り心地がとても良かったです。

大きなテーブルが欲しくてたまらないこの頃です。

食事が終わったら、お茶を出していただき、
私が持ってきた、夏みかんとスイートポテトのケーキを食べながら、
お茶タイム。

話に花が咲き、あっという間に16:00近くに。
【創造性を全開にするお絵描き会の記事は次のブログにて】

阿希美さんにトマトと鶏肉(にんにく、生姜、玉ねぎも入っています)の
カレーのレシピを教えていただいたので、
家で3回も実践しちゃいましたー!
添加物の少ない料理は、満足感がありますね(^-^)

<1回目>

<2回目>

<3回目>レシピを見なくても、作れるようになりました(^-^)

ちょうど、美味しいカレーを作れるようになりたいと思っていたので、
良かったです!阿希美さん、ありがとうございました。

タコのRAAKOちゃん

タコのRAAKOちゃんを作成しました。
顔にタコ足を生やして、シュールな感じです(笑)
手書きで描いたものをイラストレーターで作成しました。

いろんな国の友達がいますが、みんなタコは苦手なようです。
タコについて記事を書いたり、タコ料理を作った時に、
タコのRAAKOちゃんを登場させようと思います。

原画はこちら↓↓

こちらは、遊び半分で描いたものを画像トレースしたもの。

中学生ぐらいの頃、

「今日、部活タコろう」
「あいつ、タコりやがった」

という感じで、みんな「タコる」をよく使っていました(笑)
静岡の方言です♪♪
今でも使うのかな?!

タコウインナーのRAAKOちゃん

タコウインナーのRAAKOちゃんを作成しました。
先日のブログで紹介させていただきましたが、
RAAKOちゃんは「フード」によって色や形が自由自在に変身するキャラクターなんです。
http://jyoseiryoku.com/?p=1110
これから食べ物のかぶり物をした、RAAKOちゃんがちょこちょこ登場してくるかもしれません♪♪
こちらは、イラストレーターでトレースして作成したもの。
(クリックすると拡大します↓↓)

こちらは、イラストレーターで画像トレースしたもの。
作業はラクなのですが、細かい修正ができなく、
単調な感じになりそうです。
少し原画に近い面影はあります。

ちなみに原画はこちらで↓↓色鉛筆で塗ってあります。
いつもパソコンで作業する前にこんな感じで下書きしています。
上記2点のようなベタな感じもいいですが、
色鉛筆や水彩画など、優しいタッチも好きです。

 

以前のブログで紹介させていただきました、
フランス人の友達で漫画家のTamia  Baudouin。
http://jyoseiryoku.com/?m=20170502

TamiaにWacomのペンタブを借りて、Photoshopでやってみましたが、
面白かったけど、慣れないせいか、難しい。

ペンタブって、絵画のデジタル版みたいです。(でも、ペンタブ欲しい)
初めて、フランス製のアップルのAir Bookを触らせていただきましたが、
キーボードの並びが日本と違いましたね。

外国のパソコンを触ったことがなかったので、ちょっと感動しました。

RAAKOちゃんぐらいだと、後で色を変えたり変形させたりすることが
自由にできるイラストレーターで作成した方がいいかもしれません。
発展途上のRAAKOちゃんですが、レベルアップしていきますので、
よろしくお願いします。